五月近況

5.6
窪田清音の記事を書き終えました,
数日の間に仕上げるのはちょっと難しく,資料を充分に取り寄せないまゝ書き上げてしまい悔いております,
追々資料を取り寄せて加筆していこうと思います,

5.3
先ほど,山鹿素水の『外寇御守衛之儀ニ付乍恐謹而愚意之趣奉申上候』と,窪田清音の『練兵新書巻 副言』とを読み終えました,
今度,サイトにおいて窪田清音の書簡を取り上げようと思い,下調べをしている真っ最中です,

窪田清音の著書は刊行されていませんし,山鹿素水による山鹿流の教法も史料が見当たりませんし,あまり史料が揃わず残念です,

5.2
先日,本心鏡智流の鎗の穂を買いました,
あまり,というか全然買う積りはなかったのですが[そのときは目的が違ったので],ふと目にすると造りはしっかりとしているし,中心は切れておらず,在銘にて年紀も分ります,
但し拵はありませんし,錆びているため値段もお手頃,一面丈け窓明けされていて,見たところ鍛えも良さそうです,購入しないわけにはいきません,
もちろん登録証は付いています,


『本心鏡智流鎗』筆者蔵,

表には「豫州松山臣山城守百國末 藤原國住七十七歳作之」,裏には「天保十二丑年八月日」と銘されています,
分り易く区切ると「豫州松山の臣,山城守百國の末,藤原國住,七十七歳之れを作る」です,
「豫州松山の臣=藤原國住」,銘文によれば伊豫松山藩に仕えていたようです,

銘鑑に照らして詮索すると,「藤原國住」は「山城守百國」に学び[或いは國吉門ともあり,伊豫に國吉という刀工の名跡あるも詳らかならず],松山と江戸と両方の地で作刀していた鎗鍛冶との事,

「山城守百國」とは,すなわち「山城守國重」のことにて,この刀工は武蔵太郎安國に学び,寳暦・明和のころの作刀が確認されていて,江戸麻布に住したとされます,

一,手元に幕臣山脇治右衛門が記すところの種田流の穂の図あり[會津において鍛えられたとされます],これは本心鏡智流の穂とよく似ています,一の目釘穴の位置も寸分違わず,もう少し中心が長く造られ目釘穴は一つといった点が違います,
山脇氏の勘違いでなければ,種田流と本心鏡智流の穂造りの作法には,共通した何かゞあったように思われます,


『樫原改撰流鍵鎗』筆者蔵,

一,本心鏡智流は,樫原流を学んだ梅田治忠が開いた流儀というのは周知のことゝして,その樫原流から分れた樫原改撰流の穂が上掲の通りです,これは諸鎬にて,本心鏡智流よりも中心が短いです,

四月近況

4.26
「漢文」が楽しい,と他人に話しをすると,
どこが面白いのだろうか,といった反応をされることがしばしばあります,

「漢文」のどこが面白いのか?,
 愚拙の場合は,古文書という分野の中の「漢文体」だから面白いと感じられるのかもしれません,
たとえば,『春秋左氏傳』『唐宋八大家文』といった名著は,読んでいると眠気を催します,
しかし,「尺牘」や「碑文」は読んでいてそれなりにおもしろいです,殊に「尺牘」は読んでいるとかえって目が冴えるといった具合ですから,性分に合っているのでしょう,

一,サイトの方の「~流の序」シリーズは,連続して「漢文体」を取り上げてきました,六という数字は区切りが良いので一旦休み,次回からは「草書体」に注目して傳書を取り上げたいと思います,
まだ何も考えておりませんが,元来愚拙は草書の読解を専門に勉強してきましたから,こちらの読解の方がマシな内容になる筈です,

一,漢文を毎日勉強していると,次から次に知らないことを知ることが出来ます,新たな知識を得る喜びはなんとも形容しがたいものです,
基本的なことが身に付くまで,まだ一,二年はかゝると思います,そんなわけですから,「~流の序」シリーズもずいぶんと的外れな書き下しをしていると思います,追々訂正していきますので,間違いを見付けてもどうか許してやってください,

4.23
京都に深泥池という池があり,昨日数年ぶりに見ました,なんと申しますか異様な景色です,
上賀茂神社にも立ち寄り参拜したかったのですが,ちょっと用事があって行けなかったです,
聞くところでは馬が繋がれているそうですね,

この頃,『経典餘師:論語』と『漢文法基礎』とに併行して,
小川環樹氏・西田太一郎氏共著の『漢文入門』と,林道春翁諺解・鵜石斎翁編の『古文真宝後集諺解大成』とを読んでいます,
『漢文入門』は江戸時代に刊行されていた解説書?と同じ構成で,そこに文法論が加わっており,とても分りやすいです,
この文法について言及しない昔の解説書の類いが先に挙げた『古文真宝後集諺解大成』です,巻之一ではじめて「歸去來辭」を読み感動しました,
「歸去來辭」が文章としてどれほど素晴らしいのか愚拙には分りませんが,あゝこれが有名な歸去來辭かと納得です,

一,漢文を勉強していて「候文」のことを考えるに,
「候文」を訓読するとき膠着の仕方にもう一工夫ほしいと思うようになりました,
たとえば,「被」「者」などの訓読は往来物が参考になります,

 01. 被仰下之条々無怠慢 おゝせくださるゝのでうゝゝたいまんなく
 02. 被勤仕者可被忠賞之旨 きんしせられはちうしやうせらるへきのむね
 03. 不預御扶持者難隠今度恥辱 こふちにあづからずんばこんどのちぢよくをかくしがたし
 04. 思召立給者 おぼしめしたてたまはゝ
 05. 有暴風霖雨者 ぼうふうりんうあらは
 06. 恐悦候 げうゑつに候
 07. 頭首方者 てうしゆかたには
 08. 殊珎重候 ことにちんてうに候

01. 「被」は動詞(或いは助詞・助動詞・助詞),「之」は助詞,「被仰下之条々」の「之」は「條々」を指示して「さるゝの」と読ませています,(否定のときは「不被啓案内之間 あんないをけいせられざるのあいた」と,)(「之」が形式目的語としてあるときは「可注給之 これをしるしたまはるべし」「令注進之候 これをちうしんせしめ候」等と読みます,)
02. 「者」は助詞,「被勤仕者」は「きんしせらるものは」と読んでも意味は通じそうですが,往来物の通り「きんしせられば」の方が良さそうです,この場合仮定の扱いです,
03. これも「者」が同様,「不...者 ずんば」と読むのは実に漢文的です,
04. 05. これも仮定の「者」です,
06. 07. 08. 上に返るわけではないですが「に」を補います,「候文」的用方,書き下すときに注意します,

往来物の読み方と,現実の読み方との相違については確かめようもありませんが,ある程度は反映されていたと考えて良いのかなと思い参考にしています,

一,だいぶ前から気になっていることがあります,
「候に付」は,史料の中で「候付」としか見えない「に」が省かれた躰のものを見ます,
これは連綿体で,「候付」としか見えなくともやはり「候に付」と翻刻すべきでしょうか,そもそも「候付」という語句はありませんしね,

4.17
寒去り,春風吹き,櫻散る,本日の京都も日中は良い天氣でした,
喫茶店にて『経典餘師:論語』を読みつゝ,二畳庵翁の『漢文法基礎』を読んでおりました,

「ニ」と「ヲ」の違い,二畳庵翁はしっかり取り上げて呉れていて,勉強になりました,
以前から疑問だったのです,どうやっても「ヲ」ときそうなところを,訓読では「ニ」とくる,これ口語と文語の差だったようで,どうも現代人の迂生にはピンときません,
それと否定の「管到」をどうやって扱うのか,という疑問,これも分りました,

無論のこと基礎は重要なのですが,結局,自分で漢文を作った方が理解が早そうです,
漢文の書き方を教えた本は無いだろうか,と探してはみたものゝ見付かりませんでした,
ネットで見ていると,漢文の作文方法を求める声は多いようです,
江戸時代の人はどうしていたんでしょうね,

4.11
いまだ餘寒去らず,

頃者,とある古書店の主が泉下の客となり,蒐集されていた武藝の史料が売りに出されたそうです,

我が身を省みれば,己の蒐集した史料もいつの日か同じようにして,売りに出されしまうのか,と思わぬでもありません,
そうなった時は,なんらの子細も分からぬ扱いで処分されてしまうことだけは避けたいものです,

4.10
今日は寒かったです,よもや冬服をもう一度引っ張り出すことになるとは思いもしませんでした,

連日,漢文の勉強に出精しておりますが,いざ実地に試みるとなると難しいです,

武藝の傳書には,漢文体で書かれたものをよく見ます,
これらを読んでいますが,どうも技藝の素晴らしさを主旨とした文は難解です,
何と読めば良いか分らない述詞,謎の名詞,続々と出てきて収拾がつかぬといった有り様です,

こゝは一旦根本に帰って,歴史上知られた名著の類いを読み,當時の用語を知る必要がありそうです,

4.8
「武藝者の直筆」,始めました,
以前からこういうものを作りたいと思いつゝも,なんとなく思い描く通りにできず,長らく保留してきた企画です,
というのも,書を載せるとなれば,そこに何が書かれているのか明らかにせねばなりません,
当時の知識ではそれが出来なかったのです,
近頃,漢文の勉強が段々と進み,ようやく最低限の説明?を書けるようになったので,始めることにしました,

昨日は京都の
御苑を散策,櫻の花見をしている大勢の人を目にしました,今が盛りでしょうか,

4.4
サイトのデザインがいよいよ決ってきました,
以前は渡り九分に景一分といった塩梅だったところ,大幅に変えて渡り三分に景七分という風に致しました,
昨今は閲覧環境も多様になりまして,素人のサイト作りではなかなか時間ばかり掛って,思うに任せません,
いづれは,パソコン以外の環境で見たとき,見易いようにしたいです,特に文字が小さくて読みづらいと思うのです,
もし読んで呉れる人がいるならばの話しですが,,,

三月近況

3.28
旧暦の二月十五日,春分を区切りとしてサイトの更新を再開致しました,
たゞ傳書を載せる,そこから一歩進んでみようとの試みです,

「漢文体」の読解は,目下拙生がもっとも楽しみとするところです,
読めないからおもしろい,難しいからおもしろい,もっと読めたら,と常々思っています,

とりあえず,あまり知られていない流義を取り上げました,
傳書にはちゃんと由緒が書いてあるのです,
けれども,現代人には読みにくいですよね,

そこで,読めないからといって諦めてしまわず,どうにかして読んでみようと思うわけです,